プロジェクト発表会

プロジェクト発表会

りゅうたです。

10月5日はwatnow内での各々のプロジェクトの発表会がありました。

実は6月の下旬から各プロジェクトに別れ、アイデアを出し合い、各々が決めたサービスの完成に向けてこの3ヶ月それぞれ頑張ってきました。そしてその発表会が昨日でした。

 

僕とかずきは同じチームだったのですが、結果から言うと僕らのプロジェクトは成功とは言い難い状態でした。UIも未完成な状態で当日を迎えたので、プレゼンの内容も結果的に薄くなってしまい、上手くはいかなかったです。今この3ヶ月の行動を見つめ直してみると、完成までに至らなかった原因はたくさんあります。

・報連相が全くできていなかった

・そのためお互いの状況把握ができなかった

・メンバーの開発に対しての優先順位が低かった

・単純な技術・知識不足

など挙げだしたらキリがないです。

僕とかずきは早めの段階で完成までの計画を立てていたのですが、知識と経験不足からその計画に多くの穴があったり、計画通りにいかないなどのことが数多くありました。本来ならそこで先輩とのコミュニケーションをとるべきだったのですが、UIの担当が僕とかずきということもあり、僕らの中だけで消化してしまっていました。また自分が1ヶ月間フィリピンに留学に行くということもあり、PCを触れる時間も少なくなり、徐々に自分の中での優先順位が下がっていきました。その間にいよいよ同期であるかずきとも連絡を取らなくなりだしたことが、完成が大きく遠のいた原因だと思います。

3ヶ月の制作期間中も先輩方には色々心配や進捗を聞いてくださるLINEなどを貰っていたり、会おうと思えば自分から発言するなど色々努力はできたと思います。そうすることでもう少しモチベーションを保つこともできたはずです。正直、自分からもっと積極的に動いて同期や先輩方とコミュニケーションを取るべきだったなと反省しています。

当たり前のことのようですが今回のことで、チームで動くことの大切さが身に沁みて分かりました。先輩方の前で発表するのが申し訳ないほど完成度の低いプレゼンでしたが、今回の失敗で学べたことはたくさんありました。

発表会の最後にwatnowの先輩が『失敗を次に活かせるかが大事』と仰っていました。先輩の言葉に甘えるつもりはないですが、自分でも次につながるような失敗にしたいです。

僕ら以外のプロジェクトはすべて完成度が高く、正直悔しい気持ちもあります。ですがここからが踏ん張りどころだと思うので気持ちを切り替えて頑張ろうと思います。また今回失敗したKokocaraというサービスは必ずリリースまで持っていきます。

ゆう、優勝おめでとう!

一緒に開発してくれたかずきありがとう!

見守ってくださった先輩方ありがとうございます!

Tags: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です