初めてのGitHub(first commit)

初めてのGitHub(first commit)

先日、かずきにGitHubのfirst commit のやり方を教えたので、

今回はその時のやり方を書きたいと思います💗

〜First Commit(GitHub)〜

①ターミナルを開いてください

②Git の導入

「$ sudo apt-get update」
「$ sudo apt-get install git」
と書いてください

* きちんと導入されたかを確認するために、「$ git –version」と書いてください。
(もしバージョンが表示されたならば、導入成功です😆)

③Git にアカウント情報

「$ git config –global user.name “ユーザ名”」
「$ git config –global user.email “email@example.com”」
と書いてください。

#かずきはこの時、nameの後にスペース忘れたりして、エラーが出たりしたので、くれぐれもスペースを忘れないようにしてください🙃

*もし、これでうまくいかなかった場合→ Click!
(過去に私が書いた、Qiitaの方法を試してみてください😏。)

④Git Hubファイル導入(ここから本番(^o^)/)

「$ cd」と書いて、ファイルをドラッグしてください。
私の場合、GitHubに「RitsRing」ファイルをあげたかったので、ドラッグすると「$ cd RitsRing」となるはずです。

⑤First Commit

「$ git add .」
「$ git commit -m’first commit’」
と書いてください。

*first commitと書いてるところはなんでもいいです。GitHubに表示されるメッセージを書くところなので(笑)。今回は、初めてのcommitなので、first commitとしましたが、2回目からはどこのview controllerをいじって変えたとか書くと、共同開発している場合、メンバーが喜びます😴!

#かずきは”first commit”と『” ”』の中に書いてエラーを出してたので、皆さんも気をつけてください!

⑥Push

「$ git remote add origin」の後に載せるGitHubのページのurlを貼ってください!

私の場合はこうなります↓

「$ git remote add origin https://github.com/watnow-developer/RitsRing.git」

そして、

「$ git push origin master」

と書くと、username と password を求められると思うので、書いてください。

*パスワードは書いても何も反応がありませんが書けてるので大丈夫です👌(見えないので、間違えないよう気をつけてください。)

⑦最後に、、!

「$ git fetch origin master」
「$ git pull origin master」

「$ git push origin master」

と書いて、GitHubのサイトを開いてください!

 

すると、、、!!無事あがってると思います\( ˆoˆ )/

 

以上

お疲れ様です😋

 

ゆう

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です