“Hello Ruby!” [0](irb、ri 編)

“Hello Ruby!” [0](irb、ri 編)

こんにちは!
今月から私はブログ以外にも新たな挑戦を初めてみました👍
その挑戦とは、、新言語『Ruby』の習得です✨
今回は、『irb , ri』について触れていきたいと思います ↓ ↓ ↓

irb とは?

「irb」Interactive Ruby の略で、irbを使うと、言葉通り、インタラクティブにRubyが操作できます

インタラクティブとは、ユーザーがPC画面と会話しているかのような形式です

これだけ聞くと意味が分からないと思うので、会話してみます↓

$ irb
irb(main):001:0> 3+1
=> 4

そうです。このように 『3+1は?』と聞くと、『4』と会話しているかのように答えてくれるのです。

他にも、

irb(main):002:0> array = ['apple','grape','orange'] 
=> ['apple','grape','orange'] 
irb(main):003:0> p array[0] 
"apple" 
=> nil

これは、『配列0番目のものは?』と聞くと、『apple』と答えてますね!

最後に、=> nil」とあるのはどうやら、pを使った時のデフォルトのようらしいですが、もし理由が違うのであれば、コメント欄で教えてください😅

そして、irbは一度「$irb」とすると、「exit」と打つまで抜けれないので、
「exit」を忘れないようにしてください😆

ri とは?

「ri」Ruby Interactive の略で、知りたいクラスやメソッドのドキュメントを見ることができます。

例えば、「ri Array」としてあげると Arrayオブジェクトに関する情報が出てきます。何か分からないことがあった時に「ri」を使うそうです(^^)/

その他にも、

$ ri Stri 
Nothing known about Stri 
Did you mean? String

中途半端な入力や誤字を示唆してくれます。

そして、「$-ri q」と打ち、抜けてください😁

もしこれらが使えないのであれば、Rubyのインストールを失敗している可能性があるので、
『$ruby -v』
と打ってみてください。これで、バージョン情報が返ってきたら、インストールはされているので、
もう一度挑戦してみてください👍

 

以上

お疲れ様です💤

ゆう

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です