“Hello Ruby!” [10](if、case編)

“Hello Ruby!” [10](if、case編)

こんにちは、お久しぶりです
ゆうです!久しぶりにRubyについて書きます😁!✨


IF

val = 28
if val < 50
 puts ("50以下”)
else 
 puts ("それ以外")
→ それ以外

#これは数字28を入れた時50以下の場合に表示されるif文です。

もし、条件を増やす場合、『else if』を使います↓

val = 28
if val < 50
 puts ("50以下”)
else if <40
 puts ("40以下”)
else if <10
  puts ("10以下”)
else puts ("それ以外")
→ 40以下

#↑このようになります。しかし、いくつも条件を増やす場合、『else if』で増やす if文よりもcase文の方がスマートに書けます。

Case

signal = "red"
case signal 
when "red"
puts "stop"
when"yellow"
puts"caution"
when"green","blue"
puts "go"
else
puts "not signal"
end
→ stop

caseは when”green”,”blue” の時のようにいくつものwhenの条件を書けます。😁

又、最後の『end』を忘れると、エラーがでるので忘れないようにしてください✨

以上

ゆう

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です