“Hello Ruby!” [8](変換編)

“Hello Ruby!” [8](変換編)

前回に引き続き、Rubyについて書いていきたいと思います👍

変換

x=100で、y=”10″ の時、

xが数値で、yが文字列だから、『p = x+y』とすると、エラーが出ます💦!

その時の対象方法を書いていきたいと思います😆

to integer 整数

x=100
y="10"
p x+y.to_i
→110

to float 浮動小数

x=100
y="10"
p x+y.to_f
→110.0

#ここまでが数値に変える方法、以下は逆に文字列を変える方法↓

to string 文字列

x=100
y="10"
p x.to_s+y
→"10010"

ではハッシュを使った例を書いていきます😆

ハッシュについては次回書いていきたいと思います😴

to array 配列

scores = {tarou:200, yamada:400}
p scores.to_a
→[[:tarou, 200], [:yamada, 400]]

となります↑ ↑ では、逆に、ハッシュにする方法を書いていきますね👍↓

to array 配列

scores = {tarou:200, yamada:400}
p scores.to_a.to_h
→{:tarou=>200, :yamada=>400}

以上

ゆう

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です