LINE DEVELOPER DAY 2019

LINE DEVELOPER DAY 2019

お久しぶりです。

ゆうです😌✨

先月の20、21日に行われたLINEのイベントにwatnowメンバーと一緒に行ってきました✨
今回はその事について書いていきたいと思います👍

Day1

会場に入って直ぐに目に入った壁でメンバーと記念写真を何気なく撮っていたのですが、
撮り終えた後に壁をよく見ると、

なんと、、、!!

『d?』のマークがスマートフォンで作られていました📱✨
そのため、触ったりすると、画面が変わったりして面白かったです笑


顔認証システム

会場チェックインするために受付に向かったのですが、受付が顔認証システムでした。
顔認証と聞くと、あまりスピーディーなイメージがなかったので、
列もあり時間がかかるだろうなと思っていたのですが、
1秒経つか経たないかのスピードで認証されるシステムだったため、
直ぐに列が進み、かなりスムーズにチェックインできました😚


昼食

チェックインの後、会場に到着したのが昼頃だったため、先に昼食を取る事にしました。
昼食は会場が配布されていたため、頂いたのですが
凄く美味しかったです💗


ブースコーナー

昼食を終えた後、ポスターセッションを軽く見て、ブースコーナーに行きました😌
そこでは、様々な物が紹介されていたのですが
「LINE Pay」について説明していたブースは
ガチャポンを使って実際の流れを説明していたため、ゴリゴリエンジニアワードを
知らない私でも理解できました👍✨


Session(Day1)

Day1は4つのセッションに行きました☀️
中でも、以下2つのセッションが印象的でした。↓

 

『LINE NEWSの記事配信を支える技術』

LINE NEWSについて、
薄々、何故か自分が興味あるものばっか出てくるな、、🤔とは思ってはいたのですが
それがまさかユーザー1人1人にカスタマイズされたものだとは思っていなかったので、
そのようであると聞いた時点で驚きはあったのですが、
ユーザーにより一層興味のあるものを届けたいといった思いから
マシンラーニングだけの力だけでなく、手動の力も加わっていると聞き、かなり驚きました。。

今後もレコメンドは拡大していくらしく、今は一列である
Line news公式アカウントが送っているダイジェストも
アカウントを追加しているユーザーそれぞれにレコメンドされたものを配信できるよう、
取り組んでいるらしいです。👏

公式アカウント追加勢なので、それが配信されるのが待ち遠しいです😳

『仮想通貨と規制の話』

元々経済学部といったこともあり、仮想通貨について興味があったので
このセッションを聞けることが凄く楽しみでした。

ここでは、主に規制との関係を絡ませたお話でした。

軽く説明すると、

日本でのUber(Uber taxi)airbnbが何故日本で普及していないかの理由を
規制が時代に追いついていないから
とはなし、
インターネット以来の技術革新と言われたBlockchainが何故幻滅したのか、どう2021年までに
その状態から脱するのかを、
ピークの2017年での反省点(ハッキング、詐欺→規制の緩さ
から学び、改善しているとの話でした。

しかし、
財務状況がきちんとしている所しか通らなかったり(スタートアップには厳しい)で
申請までの時間が凄くかかったりとで、
規制が厳しすぎるが故に今日本では僅か2件しか通っていないといった状況です。

そして、、、!

この「申請までの時間カット」の課題を解決すべく、今Lineチームは取り組んでいるらしいです。😏✨

当日の残したまとめメモがこちら、、😇↓ ↓ (かなり、ラフですが、、笑

規制は悪ではない。如何に規制と向き合い共存していくかが重要。

利用者が利益を失うことはよくないからルールは必要。

あまり厳しいものは、仮想通貨等限定してしまう。

壁を越える、イノベーションができると信じている

技術によって規制をいい意味で克服し、イノベーションをできる。 

Line blockchainはその一歩!

交流会

交流会の様子はこちら!!↑

一緒に行ったメンバーの方々は当日まであまり交流がない方々
が多かったが、この時に仲良くなれました👏😚
又、以前関西の優秀エンジニアさんの会でお会いした方もいらっしゃったので
その方とも交流でき、良かったです👍

Day2

初日同様チェックイン後に昼食を頂きました。

Session(Day2)

Day2は6つのセッションに行きました🌟😌
Day1は 「Engineering」(技術面)をテーマにしていた為、難しくて分からない所
多かったのですが、Day2は「Production」をテーマとしていたので、
Day1に比べ、理解できました😚

その為、印象に残ったセッションは幾つかあったのですが、
中でも次のセッションが2日間の内もっとも印象深かったです。↓

『ユーザーとともに創るサービス』

このセッションでは初めに、登壇者が提供しているサービス(アル
について説明して頂いた後、多くのサービスがどのようにして
成功していってるのかを分析したものでした。

まとめると、

・無料よりも有料プランの方がモチベーションが上がる

・運営者がいいと思うものだけ提供すると、顧客は離れていく

・世の中のサービスは上位数%の顧客によって支えられている。

食べログ、クックパッド、wikipedia

・レストラン、美容院初め、世の中のサービスがより良くなった理由の一つとしては、
 インターネットの普及によりネットでレビューが書かれるようになったから。質がどんどん上がっている

・人々はレストラン型よりBBQ型の方の方を好む

提供されるだけより、参加型の方が好き

・人々は物語性のあるものを好む(スタートは完成度は低い方がいい)

→ITベンチャー失敗恐れやすいが

失敗した方がユーザーの支持得やすい。(失敗した方が物語が転がる)

最初から質が高いとユーザーは客の気持ちになる。

(ユーザーはアドバイスではなく、クレームを言う)



物語性がないと飽き、違うアプリに行く。

クオリティーが低くても、ユーザーと一緒にサービスを作らないと、

飽きられちゃう

といった感じです😌

めちゃくちゃ面白かったです笑
サービスを作る上で参考にしたいと思います✨

感想

こういった大きなイベントに参加するのは初めての試みでしたが、新しい事が多く凄く楽しかったです。
この日以降ブロックチェーンについて興味を持ち、
帰宅後さっそく図書館でブロックチェーンの本を借りて、読んでみました☺️
読んだ本→「WHY BLOCKCHAIN なぜ、ブロックチェーンなのか?


お台場観光は時間がなく出来なかったが、
綺麗な夜景の前で写真を撮れて良かったです😋

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です